電力自由化

新しい電力会社

何だか不安

新しい電力会社

何だか不安

 

電力自由化って?

2016年4月から法律の改正によって家庭などに向けた電力小売りが自由化されました。

これまでは大手電力会社が独占していましたが、さまざまな企業が参入し電気の契約先が自由に選べるようになりました。

これによって、原発ゼロの電力を購入したり、お得な電気料金の電力会社から電気を購入するなど選択の幅が広がりました。

これまで

大手電力会社が独占

電力自由化後

従来の大手電力会社

新電力会社A

新電力会社B

新電力会社C

 

どこの電力会社にするかは

自由に決められます。

 

新しい電力会社が増えたことによって、さまざまな電気料金プランが出てきました。

セットで契約することによって電気料金が安くなるプランなどがあります。

ただし、現在のところ、オール電化の住宅の場合は、大手電力会社の契約の方がお安くなっています。

電力自由化で電気料金は安くなるの?

電力料金イメージ

新電力会社A

携帯電話とのセットで

電気料金が安くなる

新電力会社B

ガス料金とのセットで

電気料金が安くなる

新電力会社C

灯油とのセットで

電気料金が安くなる

​このほか電気料金プランもいろいろあります

 

新しい電力会社の乗り換えが決定したら、今使っている電力会社の「検針票」と、

申込時に支払方法の登録が必要な場合があるので、通帳やクレジットカードを手元に置いて申し込みを行えばお手続きは完了です。WEBで簡単に切り替えができます。

新しい電力会社での電気使用は、後日、連絡が来てからになります。

おおむね、2週間程度で新しい電力会社に切り替わります。

 

 

新しい電力会社の申込方法は?

通帳
検針票

検針票

Q

今まで使っていた電力会社に解約申込しなくてはいけないの?

A

必要はありません。新しい電力会社が解約手続きを行います。

解約申込

解約申込手続きは不要

 

新しい電力会社ってなんだか不安

新しい電力会社にしたら工事に初期費用ってかかるんじゃない?

新しい電力会社にしたら停電が増えたりしない? アパートやマンションでも契約できるの?

都会の話で、地方じゃ無理よね? 

そんな不安や疑問にお応えします!

 

Q

新しい電力会社にしたら初期費用で工事料金かかるのでは?

A

新しい電力会社への切り替えに関しては電力メーターを

「スマートメーター」*に切り替える必要があります。

しかし、工事費は基本的には新しい電力会社が負担するので無料です。

ただし、一部の電力会社では事務手数料等として初期費用設定している場合がありますのでご注意ください。

*スマートメーター

*スマートメーターとは

スマートメーターは、情報通信機能をもった高機能電力メーターです。

電気使用量の検針業務が不要になります。

また、HEMS等を使用した電気使用状況の見える化を可能にする電力計です。

Q

新しい電力会社にしたら停電が増えたりしない?

A

これまで通り大手電力会社の電柱や、送電網を使い電気を各家庭に供給しているため、停電が増えることはありません。

また、新しい電力会社にしたが、その会社が倒産してしまった場合も電気が使えなくなるということもありません。

生活に欠かせないライフラインとなっているため、法律で守られています。

 

停電

停電の心配はありません

Q

アパートマンションでも契約できるの?

A

アパートやマンション、賃貸のお住まいの方も新しい電力会社との契約は可能です。

ただし、ご注意いただきたいのが電力会社とマンションなどの建物一括で

契約している場合は新しい電力会社との契約ができません。

建物一括で電気契約している場合は契約できません。

Q

都会の話で地方じゃ無理よね?

A

もちろん地方でも!

新しい電力会社との契約ができます。

また、農業用、事業用の高圧電力・動力も新しい電力会社との契約が可能です。 

ただし、主要な送配電網につながっていない場合、発電所を持っている場合

離島などでは新しい電力会社との契約はできません。