HEMS

省エネ時代のマストアイテム

 

HEMSって?

「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、”HEMS” ヘムスと発音します。

 

エコ意識を高め、省エネになるよう管理するためのシステムです。

ではどんなシステムなのか?

 

HEMSで何ができるの?

①エネルギーの”見える化”

②HEMSで”自動制御”

①エネルギーの”見える化”

電気の使用状況を専用のディスプレイやスマホやパソコンで確認することができます。

自宅の電力使用量をコンセント単位で把握することができます。

また、ガスや水道との連携も可能になる予定。将来的には、エネルギーを数値として見えるようになります。

Point

HEMSなら、時間や日ごと、または月ごとに電気の使用量の確認ができます。

また、お部屋ごとの使用電力量も把握できるため、どこの部屋が無駄に電気が使われているのか、わかるようになります。

例えば・・・

ある日、家には誰もいないはずなのに電気が大量に使われていたことを、HEMSで確認できました。調べると、不在中にエアコンがつけたままになっていた事が判明しました。

HEMSでエネルギーがどのように使われていたのか、電気の無駄使いの原因も簡単にチェックできるようになるのです。

②HEMSで”自動制御”

さまざまな条件、状況をもとに、エネルギーの使用量をコントロール

HEMSがあればこんなことができる​

エアコン編

電気料金が一定額を超えたら自動でストップ

使いすぎたら自動でSTOP

高い電気料金の時自動で温度UP

​電気代が高い時間帯には自動で温度を上げる

これからは、電力自由化によって時間帯別の電気料金の価格サービスが充実すると予想されています。

HEMSがあれば電気代が最も高い時間帯は設定温度を2度上げて、ピーク時間帯をが過ぎたら元に戻すなどのコントロールができるようになります。

電気料金が高い時間帯には電力量を抑えて、安い時間帯になったら通常に戻す。設定さえすれば、後は自動で行ってくれるのがHEMSの特徴とも言えます。

このほかにも、月間の電気代が一定額を超えた場合はエコモードでしか運転させないなど、さまざまな設定が可能になります。また、外出先から家電を操作することもできるようになります。

Point

ただし、これらはHEMSを導入したからコントロールできるというものではなく、それに従って動くような機能を家電側が揃えなくてはなりません。

そのため、現在日本の家電メーカーが中心となり、ECHONET Liteという通信規格が標準化されました。

この機能が備わったエアコン、テレビ、照明、などの家電が普及し、お互いにHEMSと通信しながら効率よく電気を使う仕組みが整えば、現在より格段に省エネが実現します。

ご注意下さい

HEMS設置にはインターネット環境が必要になります。

 

国が推し進めているHEMS

政府は住宅や家電・住設の更なる性能向上、かしこいエネルギーの使い方を推進しています。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を目指しています。

これをZEH ゼッチ といいます。ゼッチとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

政府は2030年に、ほとんどの新築住宅が「ZEH」になるよう目指しているのです。

創エネルギー・畜エネルギー・省エネルギーのZEHには、かしこく制御するためにはHEMSが欠かせない設備。

​同じく政府は2030年までに全ての住まいに、HEMSを設置することを目指しています。

 

補助金について

これまでは、HEMSや太陽光などの省エネ機器に対しての補助金がありましたが、これからは省エネ機器ではなく住宅全体に対しての補助金に変わっています。

ただし、地方自治体によっては補助金が申請できる場合があります。

くわしくはお住まいの地域の自治体へ

 

お問合せはこちら

デンキュー株式会社

0166-73-3291

HEMSの設置は、弊社にお任せください